Quantcast
Proto Labs

品川で7月に開催

プロトラブズものづくり加速セミナー

  従来とは異なるものづくり戦略が求められる時代にあって、製品開発の効率化とスピードアップの重要性が一層高まっています。プロトラブズは、独自にICTを駆使した短納期プロセスにより、このニーズを安定した短納期デジタルマニュファクチャリングと優れた費用対効果で実現します。

 当セミナーでは、メカ開発に欠かせないツールなりつつある3Dプリンタと従来法との比較から始まり、短納期の射出成形および切削加工のプロセスをどのように活用していただけるか、ものづくりのICTツールのライブデモや、さまざまな応用事例を交えて開発スピードと費用対効果についてご紹介します。また、サンプルを展示しますので、どのようなパーツを製造しているかお手に取ってご覧いただくことができます。

 当社の技術説明員が個別のご相談を承るほか、「3D設計支援パートナー」にご相談いただける場も設けておりますので、現物や2次元図面からの3D CAD化などについてもご相談いただけます。

  フォームに連絡先を入力のうえ、[ 登 録 ]ボタンをクリックしてお申し込みください。
開催1週間前に受講票をメールでお送りします。

    日 時: 2016年7月22日(金) 13:30 - 17:00 (受付13:00 )
   • 会 場: 品川フロントビル会議室 (JR品川駅中央改札より徒歩5分)
    定 員: 100名(先着順)
    参加費:無料 – 事前登録制

プログラム

13:00~

受付開始

13:30~14:30

フロントローディングで製品開発はスピードアップできる

プロトラブズ合同会社 社長 トーマス・パン(日本語で講演)

米国3D Systems社の開発職を経て同社の日本法人を設立した、現プロトラブズ社長のトーマス・パンが3Dプリンタ、切削加工、射出成形の特徴を比較し、フロントローディングすることで実現できる製品開発のスピードアップと費用対効果について説明します。

14:30~15:15

ライブデモで実演:3D CADデータが活きる開発プロセス

プロトラブズ合同会社
カスタマーサービスエンジニア 窪田俊太郎

インターネット時代のメリットをフルに享受できるメカパーツ開発のICTツールの利用プロセスをご紹介します。切削加工と射出成形プロジェクトの見積り依頼から、ネットで使える3Dビューワ付きオンライン見積り&解析ツールをライブデモで実演し、仕様から製造にまつわる技術的な詳細を説明します。

15:15~15:35

休 憩 & 3D設計支援パートナー ご相談

15:35~16:30

事例でご提案:
MAKERSから大企業における ICT を駆使した射出成形の活用方法

プロトラブズ合同会社
カスタマーサービス部長 横田 哲哉

フレクストロニクス社にて数々の開発・量産プロジェクトを推進した経験をベースに、弊社サービスをご利用いただいたお客様の事例を交え、オンデマンド生産などによるコストパフォーマンスも含めて ICT を駆使した射出成形をどのように有効活用して製品開発のスピードや効率アップができるか提案します。

16:30~17:00

個別案件のご相談・ご説明
3D設計支援パートナー ご相談

参加申し込みフォーム

Email
名 字
名 前
会社名
部署名
職位を選択してください。
電話番号
町名/地名、番地
ビル名など
市区町村郡名
都道府県名
郵便番号

射出成形または切削加工の予定はありますか